コスメ試行錯誤の記録 in AUS


by soft-mohikan-234
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Origins "Checks & Balances"

オリジンズ "チェックス&バランセズ"

オリジンズはアメリカの自然派化粧品で、パラベン不使用。
このあたりも高ポイント。

まずなんといってもこの洗顔料は泡だちがすごいっ!!!

もっこもこのムースのようなきめ細かい泡で、肌に負担を掛けることなく、優しく洗顔出来ます。

泡立て方はこの1つ前の記事コレと同じです。

香りは"ほのかな"ミント。
ミントですっきりしたい!という人には物足りなさを感じるかもですが、もともとミント系の香りの洗顔をあまり使ってこなかった私にはこれでも十分。

スースーするという感触がない分、夜の洗顔にも使えて便利。

私がこれまでに使用した洗顔料に比べて、少量で同じような泡が立つので、コスパもいいと思います。

とにかく泡で洗顔!派の私にはピッタリの商品です。
[PR]
# by soft-mohikan-234 | 2010-10-13 22:28 | クレンジング
エスティローダニュートリシャス フォームクレンザー

クレイ(泥)ベースの洗顔料で、ザクロというより、個人的にはメロンやスイカ系の香りに似てる気がします。

私はこのメロン、スイカ系の香りが好きなので、この香りのおかげで洗顔タイムがちょっと楽しかったりします。w

ネットを使って泡立てるのですが、くしゅくしゅと泡立てては、全ての泡をすくってネットに乗せ、またくしゅくしゅ泡立てるという作業を数回繰り返すうちにムースのような濃密な泡に。

そうやって泡立てた泡には、ベースがクレイ(泥)のせいか、吸着力があり、最後はこの泡を全部手のひらに乗せ、泡をこぼさない程度にかるーい感じで両手ではさんで更に泡を圧縮させる気持ちでくしゅくしゅと擦り合わせるようにするのですが(説明が下手でごめんなさい。多分外からみたらドラゴンボールのかめはめ派の時にみたい手になってると思いますw)泡が手に吸い付いているのを感じることが出来ます。

箱の中に入っている説明書にはパックとしても使えると書いてありますが・・・これをパックに使うなら、普通のクレイパックを使用した方が洗い流すのも簡単でいいと思います。

オリジンズのチェックス&バランセズと並んで好きな洗顔料です。
[PR]
# by soft-mohikan-234 | 2010-10-13 22:12 | クレンジング

マスカラレビュー

基本的に私のお気に入りマスカラは↓の3本。

■ランコム(どれでもOKですが、1番多く愛用しているのはイプノーズ
■ヘレナ・ルビンスタイン(以下HRと表記)のロングラッシュマスカラ
■イミュのデジャヴュ

それぞれに長所短所があって、それを補い合う形で通常は2本使いをしています。

まずはランコムから。
イプノーズに限らず、私のまつげはランコムとの相性がいいようで、どれを使ってもカールが落ちない&キープ力がすごい。

ただ、ランコムのマスカラ液自体はあまりツヤのない液で、中の液の乾きも他2本と比べると早いので、コスパ的には「ん?」といった感もありますが、なんせこのカールキープ力。数えられないほどリピートしています。

あと、ボリュームもすごく出してくれるかわりにダマになりやすいので、綺麗なまつげを目指すならコームは必須です。


HRは、残念ながら私のまつげとの相性が良くないせいか、みるみるカールが落ちていきます。(涙)

では何故お気に入りマスカラリストに入っているかというと・・・HRはどのマスカラもマスカラ液にツヤがあるのです。片方の目にランコムのみを塗り、もう片方にはランコム+HRと塗って比べてみると一目瞭然。まつげのツヤが違います。

その中でもロングラッシュは、マスカラの芯がコイル状の棒になっていて、ムダなく、ガッツリ繊維がまつげに付いてくれるので、長さも出しやすいです。


デジャヴュも、カールという点からすると私のまつげとの相性はあまり良くないのですが、なんと言ってもパンダ目にならない!これに尽きるでしょう。

これの↑のふたつと大きく違う点は、フィルムタイプということ。
まつげをフィルムでラップするような感じになるため、にじむ、擦れて下まぶたに付くなーんてことがナッシング。

今までは、オンタイムはランコムとHRの2本使い、オフタイムはデジャヴュのみと使い分けていたのですが、最近ふと思いつき、ランコムの後にデジャヴュを塗ってみたら・・・これが大当たり。

1日パンダ目になりませんでした!!!

ちなみに同じフィルムタイプのクリニークのマスカラも使ってみたのですが・・・こちらは液が粘土っぽくってツヤもないし、ボリュームの出なさ加減に閉口。

個人的に同じフィルムタイプなら断然デジャヴュがいいと思いました。

でも、お化粧品ってホントに相性なので、私ではカールがキープ出来ないマスカラも、人によっては全然OKな時もあるし、逆にランコムだとカールがキープ出来ないというお友達もいるので、まあ、参考程度に読んで頂ければと思います。
[PR]
# by soft-mohikan-234 | 2010-10-13 21:56 | マスカラ
SANA 豆乳イソフラボン含有の化粧水

ここ5年ほどに渡って使用している私の愛用品。

私はこの可もなく不可もなく的な安心感と、個人的好みの無香料、無着色、無鉱物油が好きで数十本はリピートしています。

夏はさっぱり、冬はしっとりを使用。

基本的に化粧水は最低3回、通常5回は繰り返しつけるため、これで十分。

個人的な付け方としては化粧水→ハンドプレスを繰り返します。

確かに高価な化粧水は入りもいいですが、その分ケミカルも浸透していると思うと・・・ちょっと気が引けます。

なので、これくらい自然なものガンガン使う方が私には合っているみたいです。

てか、いきなり日本のコスメ記録ですが、このお化粧水はAUSでは殆どのジャパニーズグロッサリーショップで取り扱われている品なのです。

値段は日本の3倍ほどしますが・・・。ははは。
[PR]
# by soft-mohikan-234 | 2010-10-12 21:01 | お化粧水

はじめまして。

まずは簡単に自己紹介。

フミヨと申します。(ペコリ)
2002年くらいにAUSに来ました。

これからコスメの話を中心に書いていきたいので、簡単に私のお肌のことから。

基本的に敏感とはほど遠いトラブルのあまりない鉄の肌!なのですが・・・最近では何故か、日本に帰ると吹き出物が出来たり(年齢的にニキビとは言えないお年頃です)AUSでは皆無なアレルギーになったりします。

アレルギーになるような心当たりはさっぱりなのですが、日本の冬に帰った時にはならないところをみると、湿気?と勝手に予想しています。

日本にいる頃は、お化粧水はコレ、トリートメントはアレで!とそれがないと嫌だぁぁぁと思っていて、こっちに来てからも、日本に帰るたびに、それはもう大量にコスメを持って帰っていました。

でも・・・そんなことをずっとやっている訳にはいきません。

そんなこんなで、少しづつ、こちらでも買えるコスメを試行錯誤してきました。(現在も進行中)

そんなコスメ試行錯誤の旅をここに記していきたいと思います。
そして、これが少しでも誰かの参考になると嬉しいなぁと思ったりしています。w

※記事は私の書いた@COSMEへの投稿記事とかぶることもありますので、ご了承下さいね。
[PR]
# by soft-mohikan-234 | 2010-10-12 20:47 | 自己紹介